次のペットを飼うのなら

ペットを飼った経験のある人は、再びペットを家族として迎え入れたいと考える人が多いそうです。 愛するペットが天国に旅立ったばかりであれば、次のペットを飼う事に躊躇いがあるかもしれません。
しかし、新しいペットを受け入れることで、ペットを失った悲しみが癒される事もあります。

ペットがなくなってから次のペットを迎えるまでの期間

ペットがなくなってからすぐに、又は半年〜1年目で新しいペットを飼う方が多いそうです。 その一方で、内犬の場合や単独飼育している場合だと、長期間飼わないという方もいらっしゃるようです。
愛情や思い入れがあるほど次のペットを飼う事に躊躇いがあるようですが、「もう飼いたくない」と考える人は少ないといわれています。

幸せなペットを増やすために

「殺処分問題を知る」

優しい飼い主から愛情をもらっているペットがいる一方で、無責任な飼い主に捨てられてしまうペットもいます。
捨てられて捕獲された犬や一部の悪質なブリーダーに手放された動物は、「殺処分」されてしまう運命にあります。環境省のホームページによると、平成23年度殺処分された犬猫は161867匹、その内82332匹は離乳していない幼齢個体です。
人間の欲に翻弄されながら、何の罪のない動物達が殺処分されています。 とても悲しい事ですが、無責任な飼い主やブリーダーによって殺処分となってしまう不幸な動物がいるという現実を、私達は受け止めなければなりません。

「保健所や保護施設での譲渡」

保健所や保護施設では、殺処分を減らすために譲渡や返還率を上げる取り組みを行っています。 最近では子犬だけではなく、問題のない成犬であれば譲渡ができるようになりました。
保健所や保護施設での譲渡を希望される方は、施設に問い合わせてみましょう。

「ペットの主な入手先」

ペットを入手する方法には、ブリーダー、ペットショップ、里親募集、保護団体などがあります。
動物の生活環境や衛生面、世話が行き届いているか、子犬の社会化に取り組んでいるか、相談にのってくれるか、知識が豊富か、マイナス情報でもきちんと話してくれるかなどを確認しましょう。

北海道の旭川、道北、道央、上川で移動火葬をお探しの方は、当社へご依頼ください。
当社では、ペット火葬者での個別立会火葬ご返骨を、リーズナブルな料金で承っております。

訪問エリア・上川郡・旭川・佐呂間・和寒・滝川
北海道上川郡東新楽町ひじり野南2条1−1−24
フリーアクセス 0800−800−837
TEL       0166−73−6057
FAX       0166−73−6058