ペットロスについて

ペットが亡くなる事で、ペットロスになってしまう方が沢山いらっしゃいます。
ペットロスとは、どういう症状なのかご存知でしょうか?
まだペットをなくした事がない、ペットを飼った事がないという方などは、きちんと理解ができないために、ペットロスに陥ってしまった方を余計に傷つけてしまいかねません。

こちらでは、そんなペットロスについてご紹介します。
身近な方にペットロスになってしまった方がいらっしゃる場合や、これからペットをなくすかもしれない方は、ご参考ください。

ペットロスとは?

ペットロスとは、飼い主が愛するペットを失ってしまう事で陥ってしまう心身の症状をいいます。
気落ちし、何も手につかなくなってしまったり、不眠やめまい、食欲不振などが挙げられ、大切な家族としてペットを飼っている方なら、誰もが起こりうるものです。
この症状は、乗り越えるまでにどれぐらい時間を要するのかは人それぞれに違います。
しかし、ペットロスというのは決して異常な事ではありません。
大切な家族をなくしてしまった故の正常な反応であり、心の整理をするためにも大切な事なのです。

ペットロスになってしまう理由とは

ペットロスになってしまう理由として、ペットへ深い愛情を注いでいたという事が挙げられます。
ペットを大切にするのは当たり前の事です。
しかし余りにもペットに依存してしまうと、失ったときの喪失感はとても大きなものとなり、ペットロスに陥ってしまうのです。
また、ペットを飼っていない方の無理解が、ペットロスを引き起こしてしまう場合もあります。
ペットを飼っていない方の中には、「ペットがいなくなったぐらいで」との思いから、ペットを失い悲しんでいる方を見下すような言動をする方がいらっしゃいます。
悲しみに耐えていた方でも、ペットロスに理解のない方からの言葉が原因で、喪失感や悲しみを溜め込んでしまい、ペットロスに陥ってしまう事があるのです。

ペットロスを克服するためには

ペットロスに陥ってしまった場合、どう克服すればいいのでしょうか。
そこで特に大切な事が、自分を責め過ぎない事です。
「もっとこうしてあげていれば」との後悔から、自分を強く責めてしまう方がいらっしゃいます。
ペットの死を受け入れられない事から、このような感情に陥ってしまいがちなのです。
そんな感情を克服するためには、愛するペットの死を受け入れ、我慢を捨てて思いっきりペットのために泣きましょう。
涙と一緒に、喪失感や自責の念を流してしまいましょう。
また、なくなった事から目を背けて供養をしてあげていなかった方は、きちんと納骨やお焼香などをあげて、安心して昇れるように供養してあげましょう。

旭川や上川など、道北や道央にお住まいの方でペット葬儀をしたいという方は、当社へご連絡ください。
火葬移動車にてお伺いし、心のこもったペット葬儀をさせていただきます。
料金も良心的でご依頼しやすいと思いますので、お気軽にお問い合わせください。

訪問エリア・上川郡・旭川・佐呂間・和寒・滝川
北海道上川郡東新楽町ひじり野南2条1−1−24
フリーアクセス 0800−800−837
TEL       0166−73−6057
FAX       0166−73−6058