ペットとの別れを乗り越えるヒント

ペット葬が終わっても、死を受け止められずに悩むのは決して珍しいことではありません。ペットは飼い主さんにとって家族も同然です。大切な家族の一員であるペットとのお別れは、覚悟していた以上に悲しいものです。
そこで、ペットとの別れを乗り越えるヒントについて紹介します。

ペットとの別れを乗り越えるヒント

悲しみの感情は解放することが大切

大人になると、泣くことを我慢してしまうことがあります。しかし、泣くことは自分の心を癒す行為でもあります。そのため、悲しみを無理にこらえてしまうと、立ち直りを阻害してしまうことにつながります。悲しいときには、感情のまま涙を流すことも大切です。

立ち直る早さには個人差があることを知る

ペットを大切に思い、ペットに支えられていた人の方が、悲しみが深くなる傾向があります。当初は同じように悲しんでいた家族でも、悲しみが癒される時期は異なります。家族に合わせて回復したように振る舞っても、心は無理をしている状態なので余計に疲れてしまいます。立ち直る早さには個人差があることを知り、回復を急ぎすぎないようにしましょう。平常心でいることが難しい時期なので、頑張り過ぎないことが大切です。

無理をしない程度の軽作業をする

何もせずにじっとしていると、かえって悲しみやストレスは大きくなってしまいます。
無理は禁物ですが、ちょっとした軽作業に没頭してみましょう。ペットの写真を整理してアルバムを作る、ペットの絵を描くなど、供養になることから始めてみましょう。何かを始める際には、本人の自主性が大切です。無理強いは逆効果になることもあるので、周囲の人はそっと見守ってあげる程度にとどめましょう。

ペットが先になくなる理由とは

『人間はみんな生まれてきてから、人を愛したり、幸せな日々を送る方法を覚えるんでしょう?でも、犬は生まれたときからすでにその方法を知っているから、長く生きる必要がないんだよ。』
この言葉は、物心がついたときから親友だった愛犬が息をひきとったときに6歳の少年が言った言葉です。ペットの死を否定するのではなく、短い寿命の中で私達に教えてくれた事、ペットが与えてくれた幸せな日々を感謝しましょう。

上川、旭川、道北、道央でペット葬をお考えの方は、当社までご相談ください。
ご近所の方に配慮した無地の火葬車で、ご自宅までお伺いさせていただきます。
ペット葬の流れや料金は、サイトにてご確認いただけます。

訪問エリア・上川郡・旭川・佐呂間・和寒・滝川
北海道上川郡東新楽町ひじり野南2条1−1−24
フリーアクセス 0800−800−837
TEL       0166−73−6057
FAX       0166−73−6058